×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビキニの種類とは

ビキニとは、ブラジャー似たトップスと短いパンツ(ボトム)の組み合わせによるセパレート型女性用水着が、ビキニ・スタイルとも呼ばれています。この水着のパンツに近い形の女性用の下着、男性用の水着なども類似のスタイルのものは「ビキニパンツ(単にビキニとも)」と呼ばれる事があり、特に男性用の下着の場合はビキニブリーフとも呼ばれることがあり、ビキニ・特に男性用の下着の場合はビキニブリーフとも呼ばれます。ビキニの由来は、というとシチリア島にある5世紀頃ローマ帝国時代のモザイクには、ビキニに似た服で運動する女性が描かれています。三角ビキニは、トップが(正)三角形をしたものです。紐で結ぶだけのものが多いです。大きな胸には、セクシーで、小さな胸でも可愛いデザインに見えます。マイクロビキニは、小さいトップとボトムにより構成されるビキニです。

ビキニの歴史

ビキニが、日本に入ったのは1950年に輸入されましたが、一般に着用されるようになったのは1970年代になってからです。ビキニのキャンペーンガールであったアグネス・ラムのビキニ姿のポスターが人気になりました。1980年代初頭の日本では一時ビキニが廃れ、ワンピースが復活しました。その後、海やプールではビキニを着ている女性が多く、一般化しているようです。例えば、ビキ二水着には色々あって、ワイヤービキ二は、パッととともにワイヤーを入れ、バストの型を整えるトップを用いたものです。従来のビキ二と比べてブラのパットが大変かたく、ブラだけを置いてもブラ全体が立つほどです。タンキニは、トップがブラジャー状ではなくタンクトップ状になっている水着で「タンクトップ」+「ビキ二」からこう呼んでいます。

マイクロビキニ

ビキニといえば、日本のグラビアアイドルの写真集では「眼帯ブラ」(細川ふみえ)や「マイクロビキニ」、貝殻ビキニ(武田久美子)などが登場しています。セクシーなマイクロビキニや、可愛いビキ二・ブラジルビキニなどオリジナルで創造する工房もあります。ビキニーズトーキョーでは、インポートのビキニ、マイクロビキニ。Tバックビキニ・セクシークラブウェアなども取り扱っているので、参考にされたら如何ですか?ウルトラマイクロビキニ画像を公開するギャラリーもあり夏に向けて益々加熱して行くのではと、今から楽しみにしています。普通のワンピース型から過激なビキニへとハードに移り行く流れを感じます。ビキニにも様々な種類があるんですね。

Copyright © 2008 ビキニがいいですよね♪